マスクをかける男性

新型インフルエンザとは、季節性のそれに比べると爆発的に感染が広がりやすいと言う特徴があります。
これは新型であり、人々がそれに対する抗体を持っていないためです。
そして爆発的に感染が広がり、その中で変異を繰り返すことで生命や健康に対して重篤な影響を及ぼす可能性が高くあるのも、新型インフルエンザの特徴です。
インフルエンザの原因であるウイルスは、実は非常に遺伝子が変性しやすいと言う特徴があります。
そのため季節性であっても、予防接種は毎年、受ける必要があるわけですが、そうした変性の中でこの新型インフルエンザは誕生します。
新型インフルエンザは、しかし症状や感染経路は季節性のものとそう変わりはありません。
あえて違いを挙げるとすれば、まず季節性よりも消化器に対する症状が出やすいと言うことが指摘されています。
感染経路に関しては、空気感染、接触感染、飛沫感染が主ですが、感染した後に発症する可能性が季節性に比べると高いと言うのが、新型ならではだと言えます。
症状が特別、重症化しやすいと言うことはないのですが、体力や免疫力が低い方、乳幼児や高齢者、妊婦さん、更に呼吸器系や代謝系の持病を抱えている人などが感染すると、重症化しやすい、合併症を引き起こしやすいとも指摘されています。
特に高齢の方はインフルエンザによる死亡率が高く、また自覚症状がない場合もあるため注意が必要です。
こうしたことを踏まえると、新型インフルエンザであっても予防策は季節性とそう変わりはないと言えます。
感染しやすい、発症しやすいわけですから、うがい、手洗いを励行することでウイルスを体内に入れないことが最重要と言うことです。
また、インフルエンザ治療薬のリレンザは予防投与ができるため、予防対策の一つとして考えていいでしょう。
新型インフルエンザに関しては、2009年から2010年にかけて、メキシコから世界的に流行が広がった事例が挙げられます。
これはもともとの原因は、豚の間に広がっていたウイルスが人間にうつったことが契機だと言われています。
ただいつ、どこで、どのようにして新型インフルエンザが誕生し、流行するかの予想は難しいようです。

記事一覧

生後3ヶ月目ぐらいまでの赤ちゃんは母乳などから免疫を与えられているので、比較的病気になりにくいと考え...

毎年のように寒い時期になると年配者や小児での流行があるインフルエンザやノロウイルスですが、これらの病...

国や都道府県のホームページでは、インフルエンザの流行状況が随時発表されています。 インフルエンザの流...

厚生労働省は、インフルエンザ流行レベルマップをインターネットで随時発表しています。 これは、全国の約...

インフルエンザにはA型、B型、C型があり、流行するのはA型とB型です。 A型には亜型と呼ばれるものが...

インフルエンザで自分の子供や夫などが熱が出てしまった場合には、医療機関で診察を受けさせることが大切で...

鼻をかんでいる女性

インフルエンザに感染すると、あっという間に高熱が出ます。38.5度を超えるのが普通で、40度以上にな...

せきが出る年配の女性

インフルエンザにかかると高い熱がでたり、関節などが痛くなるなどの症状がでて苦しいため、できればかかり...

マスクをかける女性

毎年のように空気の乾燥した冬場になると、インフルエンザが感染しやすくなるので注意喚起がされています。...

マスクをかける女性

ただの風邪であれば、市販の総合感冒薬で効果が得られますが、インフルエンザの場合は市販の総合感冒薬は効...